読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

shoben-inabauaのブログ

金、投資、株、FX、パチンコ、スロット、心理学、哲学など

麻雀とFXと株の勝つメカニズム

今日は朝起き午後まで家にいました

今日は引きこもらず午後から外出

1つやることがあったのでやりに行く

その後、久しぶりにゲーセンに麻雀打ちに行きました

MJ上級卓で東南戦を4回して2位4位4位1位でした

調子は良かったが運悪くオーラスで捲くられたり、ラス回避できなかったりで成績としては良くなかったです

ただ今の自分のレベルではMJ上級卓で打てるレベルがあると確信しました

今日はリーチ空振りが多かったが鳴きやダマが有効でかなり和了れました

ハンゲと麻雀格闘倶楽部では無敵な僕ですがMJ上級卓と天鳳上級卓で苦戦しているレベルです

より強い敵がいるステージで戦って実力アップしていきたいです

自分は麻雀は10年以上やっておりテクニック的なものはほぼ把握していると思う

『とにかくミスを減らすこと』

それしかない

10年以上やってきても何度も何度もミスをする

それがきっかけになって局の展開が変わり負けたりトップから捲くられたりする

結局、麻雀は単純作業だ

『こうなったらこう』と言ったパターンが何十種類、細かくしたら100種類以上あり、それを頭の中で理解して打っている

何千局、何万局と打ってきた中で経験則的な感じで打ち方が染み付いているのだ

これはFXや株にも言えると思う

やってることは単純作業の繰り返しで色々なパターンに合わせて取引している感じ

株よりもFXを私が勧めるのは、そう言ったパターンが株に比べて少なくて、数十種類程度しかないからだ

ゆえに数十種類の取引方法をマスターしたら稼げると言うことだ

FXはファンダ的な要素をあまり気にしなくて良くて、素人でも分かるような大きなイベント事のファンダ的な要素だけ考慮してテクニカルに忠実に取引すれば稼げるのだ

雇用統計や大統領の発言や金融緩和や日銀買い増しなどなど小学生でも分かるレベルのこと

株もパターンがありパターンの繰り返しをやれば良いのだがファンダ的な要素がかなり加わり、また銘柄も多いため、パターンが100種類以上超えてくると思う

ゆえに株は難しいし100種類以上のパターンを理解して覚えるのは困難だ

株は稼げる手法が何十種類かあるので、そのうちの何個かを抑えておけば稼げる

僕はそうやって株をやってきた

例えばデイトレーダーの人でAとBとCの稼げる手法を知っていた場合、 その日に合わせて相場は変わるので今日はAで稼ごうとか、今日はAとBの手法が使えない相場だからCの手法で稼ごうみたいな感じである

FXの場合は全ての手法を熟知している人がいるだろうが、株の場合は全ての手法を熟知している人は誰一人いないと思う

株はオリジナル手法みたいなところがあり数え切れないくらいあるので、自分で理解して、自分で稼げる手法を作り出すのが良い

私のやり方はデイやスイングでBNFジェシーバモアのテクニックのパクリをやっている

株の場合は誰か自分の好きな稼げる投資家の手法を真似するのが1番だと思う

デイトレやスイングならBNFジェシーバモアで良いが中長期投資となると彼等の真似をしてはいけないのは明白だ

中長期投資はウォーレンバフェットの真似をするのが良いだろう

日本の有名な中長期投資家は五味ダイスケ氏などがいるので彼の真似をしてみると良い

彼は手法は公開していないが株式名簿で名前が出てくるので、彼が保有している株を分析して、何故、彼がこの株を買うに至ったのか分析してみると良い

そして何らかのパターン、法則に気付いたらあなたは中長期投資家として成功者になるだろう

僕は中長期投資専門家ではないので五味ダイスケ氏の買う理由は分からないし、中長期投資の稼げる手法も分からないが分析してみると良い

私はBNFジェシーバモアの手法を分析してパクって自分のオリジナル手法を確立している

稼げる手法は誰も教えてくれない

セミナーで教えるのはほんの一部分

全部伝えてしまったら多くの投資家が稼いでしまうので株式市場が崩壊してしまうからだ

世に多くの株やFXの本が出回りセミナーも多く開かれているにも関わらず投資家の9割が稼げず損をしている実態がある

冷静に考えてみれば本やセミナーが間違っている、そして投資家が稼げないから本やセミナーで稼いでいるのだと言うことに気づく

専業で何千万も稼いでいるにも関わらず手法を明かす本を売ったりセミナーで手法公開するのはデメリットしかないからだ

だから僕は株の本は何十冊もバカみたいに読まないしセミナーにも行ったことがない

だけれども稼げる手法を確立した

当然、私は稼げる手法は教えない

触りだけは教えようと思い今回は勝つメカニズム、稼ぐメカニズムについてお伝えした

ではまた